太陽光発電所用看板・標識の格安販売

頑丈な看板

太陽光発電所の看板・標識を1枚6,000円でご提供

商品素材のご紹介

弊社がご提供している看板はアルポリック3mという素材を使用しており、費用・耐久力の面で優れています。

印刷部分以外の事業者様の情報はご要望があれば弊社にてはがれにくいテプラ強粘着を使用して無償にて入れさせていただきます。
※なしでも販売させていただけます

経済産業省のHP紹介されているサイズをクリアしており、フェンスや架台に止めるために必要な穴が開いており止めるためのインシュロックも付属しております。
※インシュロックは屋外耐性があるものを使用

そのため、お手元に届いたらすぐに設置が可能となっています。

また、掲載情報に関してですが個人の事業者様があまり掲載したくない連絡先はあらかじめ項目から省いております。
※メンテナンス責任者の連絡先があれば看板は問題ありません

太陽光発電所の設置が必要なのは20kW以上の発電所で屋根などの屋上設置ではない全事業者様に必要となっています。
設置されていないと最悪の場合認定の取り消しということもありますのでお気をつけてください。

下記お問合せフォームからお問合せください

※ご購入希望の方は下記情報のご記入お願いします

改正FIT法のややこしい対応はKGSにお任せください。

改正FIT法が始まったことで今まで対応が必要でなかった看板・標識の掲示とフェンス設置が義務付けられています。
看板・標識、フェンス以外で改正FIT法に関する内容としますとメンテナンスが義務化されたことと事業計画の提出を行う必要があります。

それぞれについて簡単にご紹介していきます。

ここが変わった改正FIT法“看板・標識とフェンス”のポイント

①看板は20kW以上屋上設置以外の発電所に必ず必要
事業者様の住所・氏名などの情報を発電所の見やすいところに掲示する義務があります
経済産業省のHPを見ると事業者様連絡先とメンテナンス責任者の連絡先どちらかが掲載されていれば問題ありませんので、メンテナンスを外注される方はメンテナンス会社の連絡先を記載することが多いです。

なお、看板の素材などは特に決まっておらず、屋外に設置してもすぐに壊れないものであれば問題ありません。

②フェンスは設置が困難な場合以外原則設置が必要

看板・標識と合わせて設置が義務化されたのがフェンスです。
今までも必要なことが多かったですが中には設置されていない方も多くおられますが設置をしていない方は原則フェンスの設置が必要で、今までみたいに道路に面している面だけ必要などではなく基本的には発電所を囲む形で必要になります。

ただし、フェンスはそもそも設置ができない場所には設置する必要がありません。
弊社の事例ですとすぐ横が崖になっているところなどはフェンスの設置ができなかったため設置していない発電所があります。
※ソーラーシェアリングのフェンス設置は農作業の邪魔にならない程度に設置が必要です

看板・標識、フェンスも正確に言えば改正FIT法の影響で義務付けられたわけではなく、低圧の事業者様にも電気事業法の一部が適用されたことによって必要になったということです。

ここが変わった改正FIT法“メンテナンス”は具体的な内容はまだ決まっていない

改正FIT法が始まったことで合わせて義務化されたのがメンテナンスです。
ただし、メンテナンスはまだ具体的な内容が定まっていません。

JEPAが出しているメンテナンスのガイドラインはあるのですがその内容が必ず必要というわけではありません。
※将来的に変わる可能性はあります

KGSではメンテナンスも行っており、随時無料相談を承っていますのでどうすればいいかわからない方はお気軽にご相談ください。

ここが変わった改正FIT法”事業計画の提出”を行わなければ最悪認定の取り消しになります!

改正FIT法が始まって事業者様からの相談が一番多いのがこの事業計画の提出です。
こちらも全事業者様が行う必要のある手続きで、住宅用太陽光発電の方も作業が必要になっています。

内容を簡単にご説明しますと、今までの設備認定は改正FIT法が始まったことですべてなくなってしまい、すべて新しい制度に移行してしまいました。
すでに取得されていた設備認定はみなし認定という仮の認定に変わってしまい、新しい制度に移行するための手続きが必要になります。
これが事業計画の提出です。

きちんとした業者に依頼をしていたりご自身で認定を取得している方はインターネット上で比較的簡単に申請できるのですが、業者がすでにいなくなっていたり、申請した人がわからない場合は郵送での対応になるため手間がかかってしまいます。

KGSでは事業計画の代行申請も承っていますのでお気軽にご相談ください。



再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ