バイオマス発電

バイオマス発電事業はまだまだこれからの事業

バイオマス発電は高い売電収入や24時間発電が可能、天候や自然に左右されず発電が可能というメリットがあるにも関わらず日本ではほとんど広まってはいません。

設置を行っているのは従来の火力発電所などを持たない一部の新電力会社などで、数十メガクラスの発電所を設置して発電事業を行っています。

中小企業や個人の方が導入できるようなサイズのバイオマス発電機はまだまだ市場には少なく、日本のバイオマス発電事業はこれからと言わざるを言えません。

バイオマス発電は簡単にはできない事業

太陽光発電や風力発電を代表する自然エネルギーを使った発電所は一度設置を行うとメンテナンスなどを除くとほとんど人の手を使うことなく勝手に発電を行ってくれます。

その点バイオマス発電はほとんどの場合が人の手で燃料の供給を行わないといけませんし、多くの場合常時監視が必要になります。
そのため、ほかの再生可能エネルギーにはほとんど必要のない、人件費必要になってしまいます。

また、燃料に関してもどこかから調達をする必要があり、燃料を購入する場合は燃料の変動費をある程度計算し、安定して供給できるように調整も必要になってきます。

バイオマス発電は燃料を発酵させて燃やすか、そのまま燃やすかですので基本的な構造は火力発電所と大きく変わりません、そのためメンテナンスについても数年に1度オーバーフローが必要になってきます。

これら以外にも様々な法律がかかわってきたリしますのでバイオマス発電事業は簡単には参入できない事業になっています。

バイオマス発電事業の魅力とは

ここまではバイオマス発電事業の難しい点を述べてきましたがバイオマス発電事業ができないというわけではありません。

バイオマス発電事業は様々な問題をクリアすると24時間発電可能で安定した電力を供給することができるため、事業収支は非常に高くなるだけでなく、再生可能エネルギーという本来ごみとして処分される物質を燃料として活用するため、非常にエコとしての側面が強く企業CSRとして対外的にアピールすることができます。

政府のエネルギー施策でも重要なポジションにあり、補助金などで優遇されることも多くチャレンジする価値のあるものです。


参照元:経済産業省バイオマス資料

KGSでのサポート

KGSでは幅広いネットワークと今まで培ってきた再生可能エネルギーに関する知識をミックスさせてバイオマス発電事業でも皆様をサポートいたします。

具体的には下記の3点でのサポートになります

①バイオマス発電事業計画のサポート
②部材調達・施工のお手伝い
③安定的に運用するためのメンテナンスや燃料調達のサポート
※燃料調達はものによってはできないことがあります

バイオマス発電の情報収集を常時行っていますのでご不明な点や今後の方向性などご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。



再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ