増設禁止!なら、それ以外で売電収入を増やす!太陽光発電所の改善方法

増設禁止!なら、それ以外で売電収入を増やす!太陽光発電所の改善方法

増設禁止で、打つ手なし?

改正FIT法の告示改正によって、8/31以降の増設が禁止されてしまいました。
締め切りまでに増設の申請がお済みであればそれに合わせた増設が可能ですが、申請が間に合わず、増収したいのに身動きがとれない!というかたも居られるのではないでしょうか。
うっかりパネルを増設してしまうと売電単価が現在のものに切り替わってしまい、悪くすれば、認定が取り消されてしまいかねません。
では、増収のために有効は手段はもうないのでしょうか?
本記事では、法令・省令・告示を遵守した手段で増収に代わる売電量アップの手段をお伝えします。

1.メンテナンスのオプションを活用する

デメリット:検査コストがかかる
メリット:隠れた不具合を改善することで、以降の期間で理想的な発電ができる

I-V検査やEL/PL検査を用いて、目視では見えない部分の断線や破損を早期に発見します。仮にモジュール内のインターコネクタに断線があった場合でも、発電量にシミュレーションとの差があまり無い場合があります。
「発電量が下がった気がするけど、経年劣化もあるし、こんなものかな・・・」
そう考えて見過ごされがちなのですが、検査機器で測定するとじつは内部で断線していた、ということも珍しくありません。
あるメンテナンス業者さんでは、約7割の発電所が何らかの不具合を抱えていたというデータもあります。

I-V検査とは:太陽電池ストリングやモジュールの電圧(V)、電流(I)特性曲線を測定する検査方法です。・出力計測・不具合の発見を目的として、晴れた日に屋外で行います。
正しく接続されたストリング、モジュールでは整ったカーブが計測され、何らかの不具合があった場合は乱れたカーブが検出されます。
IVカーブイメージ

画像はイメージです

 

EL検査とは:ELはエレクトロルミネセンスの略で、モジュールのレントゲン検査のようなものです。肉眼で見えないセルの破損やインターコネクタの断線や接続不良を検出します。
EL検査イメージ

画像はイメージです

 

PL検査とは:PLはフォトルミネセンスの略で、EL同様、モジュールのレントゲン検査のようなものになりますが、原理が異なり、ELと組み合わせて詳細な分析・測定を行います。
PL検査イメージ

画像はイメージです

モジュールやパワコンに問題が発生した場合は、保証期間内であれば無償または安価で交換可能な場合があります。
最近発電量が振るわない、という発電所は、検査をご検討ください。

2.掃除する

デメリット:再び汚れるまでが短い
メリット:モジュール本来の発電性能を発揮する

言わずもがなのケア方法になってしまいますが、通常、パネルの汚れは雨で落ちていきます。ですが油など雨で流れない汚れは蓄積してゆくことになります。
特に、雨の少ない時期にモジュール表面を掃除することは労力対効果が高いといえます。
NEDOによると、日本国内は平均で10~20%汚れているというデータもありますので、汚れが明らかに目につく場合は洗浄によって発電量が増えることも見込めます。
ただし、掃除用具や洗剤などでモジュールを汚さないよう、ご注意ください。詳細な洗浄方法については、メーカーに確認されることをお勧め致します。

3.引っ越す

デメリット:コストがかかる。土地を用意する必要がある
メリット:設置環境が変わり、本来の性能を発揮できる可能性がある

告示改正後も引っ越しは禁止されていませんので、現状が影に入っている場合は日照のよい土地に引っ越すという手段もあります。
土地が見つからない、土地を買わなければいけない、引っ越し費用がかかる、等々・・・普通に考えるとデメリットの方が多いのですが、そういう選択肢もある、という程度にお考え下さい。

4.まとめ

8/31の告示改正によって増設が実質禁止されてしまったのは、発電事業者様にとって大きなショックでした。
本記事で提案した方法も、残念ながら増設での事後的過積載を上回る効果があるとはいえません。
ですが、どれも収益増加につながる手法ですので、是非ご検討ください。
発電量を増やす最適な方法は発電所ごとに異なりますので、どのような方法が良いかわからないかたは、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

関連記事

増設禁止!なら、それ以外で売電収入を増やす!太陽光発電所の改善方法

増設禁止で、打つ手なし? 改正FIT法の告示改正によって、8/31以降の増設が禁止されてしまいました。 締め切...

太陽光発電への投資はもう遅いのか?知識ゼロでもわかる投資としての太陽光発電

太陽光発電への投資はまだ遅くはない!正しい知識が太陽光発電への投資を成功に導く! このコラムを読んでいただいて...

太陽光発電のためのやさしい融資入門

太陽光発電所事業を始めようと思っても、初期費用が用意できないとお悩みではありませんか? 今回は、公的融資機関で...

再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ