太陽光発電所スピード現金化に伴う注意点


 

太陽光発電所のスピード現金化は本来時間がかかるもの

 

2020年4月現在、コロナウイルスの影響を受けた企業様が何とかキャッシュを作り出すために、太陽光発電所の売却を検討することが多くなっているように感じます。

 

太陽光発電所は毎月決まった売電収入を得ることができるため、現金化が非常に行いやすく、売却益も決算が赤字になっていれば、税金の対象になりにくいというメリットもあります。

 

ただ、太陽光発電所の現金化のやり方によっては時間がかかる場合があり、依頼先を間違えてしまうと早急に現金化したい状況にも関わらず、時間がかかってしまう場合があります。

 

そのため本コラムでは、できるだけ早急に太陽光発電所の現金化を行いたい方に向けた内容と、できるだけ高く売却できるための方法についてもご紹介できればと思います。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

 

 

1.現金化の方法について確認する

 

インターネットで太陽光発電所の現金化について調べる際には、「太陽光発電所、現金化」「太陽光発電所、売却」「太陽光発電所、買取」などで検索することになると思います。

 

ヒットするサイトの多くは、弊社と同じように太陽光発電所の設置や販売を行っている会社になります。

 

全ての会社に確認をしたわけではありませんが、太陽光発電所の現金化を行う会社の多くは自社での買取ではなく、仲介で他の方に売却することが多いです。

現金化の方法

①自社での買取

②仲介として別の方に売却

①のメリットはやり取りが早く現金化が早い場合が多いですが、キャッシュに上限があるため、いくらでも購入できるというわけではなく、予算の範疇でしか購入ができません。

逆に②は現金化は遅いですが、別の方が買われるので予算の上限はあまり関係なくいくらでも仲介が可能になります。

 

ちなみに弊社の場合は、①になります。

今までも何基かは現金化させていただきましたが、やはり予算があり、融資がうまくいかなければ購入件数が限られてしまいます。

 

2.太陽光発電所スピード現金化の流れについて

 

ここからは弊社の流れになりますが、現金化の流れについてご紹介させていただきます。

 

連系済みの太陽光発電所をスピード現金化するためには、資料を準備することが重要になります。

 

特に必要な資料は下記の通りです。

ご用意いただく書類

①電力会社からの支払い通知書(売電収入がわかるもの)
②JEPA(経済産業省)の認定通知書
③土地に関する情報
④発電所資料(電力申請資料など)
⑤設備などの保証関係資料

全ての資料がないと話が進まないわけではありませんが、上記4つの資料がそろっていれば、比較的早く現金化を行うことが可能になります。

 

資料をいただければ、概算の査定金額を算出することが可能です。

その後、現場の施工状態を確認して最終金額を明確にさせていただきます。

 

低圧と高圧では、確認する内容に差があり、現金化にかかる時間が全く異なります。

現金化の目安

低圧:約1週間程度

高圧:約2-3週間程度

金額の合意が得られ、必要書類が全て揃えば現金化は可能となります。

必要な書類は契約書以外に名義変更の委任状などが必要になります。

 

3.現金化のタイミングにおける注意点

 

先の項目でご紹介させていただきました流れや現金化の期間は、あくまで弊社の例となります。

 

他の会社様の場合下記のようなパターンがあるかと思います。

現金化のタイミング

①経済産業省や電力会社の名義変更完了時に支払い
②契約時何割、名義変更時何割
③弊社と同じように書類がそろい次第、全額支払い

 

4.現場確認時の減額について

 

ご紹介させていただいたように現金化には現場の確認が必要になります。

現場確認時に金額が下がる場合として下記のようなパターンがあります。

現場確認時に金額が下がるパターン

①草刈りなどがされておらず発電量に影響が出ている
②初期設置不良により発電所に不備がある
③申請内容などに不備がある
④故障等発電所の性能が100%ではない状態

上記のような場合査定金額よりも最終価格が安くなる可能性があります。

特に草刈りがなされていない現場は、確認できないところがあるため金額が下がりやすくなっています。

 

売却前には草刈りをすることをおすすめします。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

 

5.太陽光発電所現金化のまとめ

 

世界中に大きな脅威となっているコロナの影響でキャッシュフローが悪化し、1日でも早く現金が必要になっている会社もあるかと思います。

 

太陽光発電所は冒頭に記載したようにスムーズに現金化を行うことができる設備ですがここまで記載してきたように頼む会社によって現金化のタイミングが変わってきます。

 

相談される場合は現金化のタイミングについてきちんと確認して依頼するようにしましょう。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ



再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ