知識ゼロでもわかる!自家消費型太陽光発電所成功ポイントの紹介

補助金・税制控除を活用して自家消費型太陽光発電所の設置をしましょう!

工場や屋根のなどの大きな建物の上に太陽光発電所を設置する方法は大きく二つあります。

①電力会社に作った電気を購入してもらう売電事業
②作った電気を自分たちで使う自家消費型

電力会社に電気を買い取ってもらう必要がない自家消費型太陽光発電所は国のエネルギー対策として、固定価格買取制度(FIT法)に代わるあらたな対策として優遇されており、様々な税制優遇制度や補助金制度が発表されています。

 

補助金や税制控除などを上手く活用することで固定価格買取制度以上のメリットを得ることができるのですがまだまだ設置件数が少なく、きちんと提案できる企業も少なくあまり広がっていません。

 

本コラムでは知識が全くなくても自家消費型太陽光発電所の仕組みやメリットデメリット、固定価格買取制度との比較や知っておくべき補助金や税制優遇制度についてご紹介していきます。

 

補助金や税制優遇制度は年度によって内容が大きく変わりますので導入前には確認が必要となります。
※締め切りなども大きく異なります


総合問い合わせへ

 

1自家消費型太陽光とはいったい何なのか?

実は自家消費型太陽光発電所という呼び方は正式な言い方ではなく、各メーカーやインターネットで固定価格買取制度(売電事業用)に該当する発電所と分けるためにつけられた名前です。

 

正式な名称があるのかは不明ですが弊社でもわかりやすく区別するために自家消費型太陽光発電所と呼称いたします。

 

自家消費型太陽光発電所は読んで字のごとく作った電気を自分たちで使うシステムのことです。
そのため電力会社との連係工事などは必要なく、産業用太陽光発電所のような国への申請を行う必要もありません。

 

メリットなどについては後ほどご紹介しますが一般的に倉庫や工場などの大きな建物の上に施工される傾向があり、屋根で作った電気を建物の中で使うことで電気代の削減を行うことを大きな目的としています。

 

今のところ屋根設置がほとんどで産業用太陽光発電所によくみられる野立て設置はほとんどないと思います。

 

1-1 自家消費型太陽光発電所の仕組み

システム自体は産業用太陽光発電所と大差はなく、唯一の違いは集電箱などで集めた電力をどこに持っていくかです。

産業量太陽光発電所:電力会社の電柱
自家消費型太陽光発電所:分電盤などの電力供給元
※自家消費型はいろいろなパターンあり

自家消費型太陽光発電所はパネルで作られた電力を建物内などで使える電気に変換して使用することがほとんどです。

 

ちなみに自家消費型太陽光発電所を構成するシステムは下記の通りです

太陽光発電所機器構成

・太陽光モジュール(パネル)
・パワーコンディショナ(パワコン)
・固定金具(止め金具やつかみ金具)
・ケーブル
※表示モニターなど必須でない機器もあります

1-2 電気使用上の注意点

ご自宅などの家庭用であれば使用する電気の電圧は基本的に200Vとなりますので低圧用といわれるパワーコンディショナを使用すれば問題ありませんが、工業用の機器やエレベーターなどは対応できない可能性があります。

 

そのため使用用途を明確にして提案者と良く相談をして、どこまで太陽光発電の電力で賄うのかを決める必要があります。

 

業者に進められるまま自家消費型太陽光発電所の設置を行うと機器が動かなかったり、本来必要なところに電気がこなかったりすることもありますのでご注意ください。


総合問い合わせへ

2 自家消費型太陽光発電所と産業用太陽光発電所どちらがお得なのか?

自家消費型太陽光発電所の提案を行うと必ず比較対象になるのが産業用太陽光発電所です。
使用電気量を少なくする自家消費型と売電して収益を得る産業用太陽光発電所ではそもそもの目的が異なっているため一概にどちらが得なのかは言いにくいのですが比較できるところを比較していきましょう。

 

2-1 回収年数で考える

自家消費型太陽光発電所は産業用太陽光発電所と違って利益を生むわけではないため利回り率という考え方ができないため。節約した分の電気代を利益と考えて何年で回収できるのかを計算してみました。

 

システムタイプ 発電量 メリット金額 システム価格 回収年数
自家消費型太陽光発電所 127,322kW 2,149,195円 17,200,000円 約8年
産業用太陽光発電所 114,061kW 2,586,903円 16,200,000円 約6.2年

※産業用太陽光発電所の売電単価は2017年度の21円で計算しています
※観測地域は大阪府大阪市真南角度5度で計算しています
※電力契約は関西電力の高圧電力AS-TOUとして電気料金は重負荷時間と昼間時間の平均価格としています
※パネル枚数は360枚を想定しています

 

上記の表で比較を行うと自家消費型太陽光発電所だと産業用太陽光発電所に比べて回収年数が長くなってしまうため、多くの方にとって産業用太陽光発電所と比べてメリットが出ないように見えます。

 

単純な電気代だけで考えると表の通り自家消費型太陽光発電所では産業用太陽光発電所に経済メリットでは勝つことができません。
しかし、自家消費型太陽光発電所には補助金や電気資料方が少なくなることによる基本料金の軽減税制優遇などの強みがあり、産業用太陽光発電所よりも回収年数が短くなることがあります。

 

システムタイプ 電気代削減 システム価格 補助金 回収年数 税制優遇
自家消費型太陽光発電所 2,149,195円 17,200,000円 5,733,000円 約5.4年 初年度一括償却可能

※基本料金については詳細な必要なため省略しております
※基本料金が安くなることで回収年数はさらに短くなります
※補助金は2017年度使用可能なものです


総合問い合わせへ

2-2 電気料金プランについて

電気料金プランは各電力会社(新電力含む)でプラン内容が異なりますが基本的に電気使用量が一番高いところを基準として電気代と基本料金プランが決まります。

 

例えば8月には100kWの電気を使用するけれどもそれ以外の月は80kW程度しか電気を使用しなくても、電気契約は100kWとなり100kWに対する基本料金が必要になります。

■東京電力と100kWの契約を行う場合の基本的な料金プラン
電気契約名:高圧電力A(契約電力500kW)
基本料金:1kW 1,269円00銭 100kW=126,900円
電力料金:夏季1kWhあたり17円05銭 その他季 1kWh15円94銭

自家消費型太陽光発電所で20kW分補えることができれば基本契約は101,520円となり毎月25,380円抑えることができ1年で304,560円程度基本料金を抑えることができます。
※参考:東京電力500kW未満電気料金プランページ

■関西電力と100kWの契約を行う場合の基本的な料金プラン

電気契約名:高圧電力AS-TOU(契約電力500kW)
基本料金:1kW 1,733円40銭 100kW=173,340円
電力料金:重負荷時間1kWhあたり19円49銭 昼間時間1kWh14円27銭

※参考:関西電力500kW未満電気料金プランページ

 

電気料金だけでなく基本料金抑えることができるため1年間を通しての電気料金に大きな改善を行うことができます。

 

ただし、特に工場などで自家消費型太陽光発電所を設置する場合には電気の安定供給が必要になってくるため、天候に作用される太陽光発電だと本業に差し障ると考えられる方もおられます。

 

何の対策も取らずに設置を行うと電力供給ができないということは十分に考えられるため、重要機器の電気系統の切り分けや蓄電池の設置、または発電機を併用する等の対策でこのようなリスク分散に備える方法があります。

 

ただ、これらの内容を細かく説明すると本コラムの趣旨とずれてしまうため別コラムでご紹介したいと思います。

 

2-3 自家消費型太陽光発電所の補助金と税制優遇制度について

産業用太陽光発電所ではほとんどなくなってしまった補助金や税制優遇が自家消費型太陽光発電所では使えることが多いです。
※補助金や税制は年度によって大きく変わるため本コラムで細かなご紹介ができません。
※情報が公開され次第随時紹介していきます。

 

自家消費型太陽光発電所ではこの補助金と税制を上手く使うことで、産業用太陽光発電所よりも大きなメリットを得られるようになります。

 

自家消費型太陽光発電所の補助金や税制優遇はいくつもある種類の中から最適と思われるものを選ぶ必要があります。
また、太陽光発電以外の設備の状況に合わせて活用する必要があるため、どの補助金や税制優遇を活用するのが良いのかを簡単に選ぶことができず専門家など知識を持っている方の助言が必要となります。

 

ちなみに2017年度で最も使われた補助金は設置費用の1/3の控除、特別償却100%でした。
※補助金は2017年9月の締め切りをもって終了しています

 

1/3の補助金はここ数年予算の確保がされているので使用することができれば回収年数は大きく短縮することができます。

 

補助金や税制優遇を調べる方法はいくつかありますが弊社のような専門家に相談するのが一番容易だと思います。


総合問い合わせへ

2-4 自家消費型太陽光発電所の付随メリット

ここからの内容は直接経済的にメリットが出る内容ではありませんが自家消費型太陽光発電所を設置することで間接的に得ることができるメリットについてご紹介します。

 

屋根に太陽光パネルを設置することで断熱・遮熱効果がアップ!

 

自家消費型太陽光発電所の設置は主に屋根に行うため、太陽光パネルが断熱・遮熱材と同じような効果を発揮してくれます。

 

その結果、工場・倉庫内の温度上昇を抑えてくれて、空調などの電気使用量を減らすことができます。

 

省エネ企業として活躍できる

 

省エネは日本だけでなくグローバルな問題として取り上げれらており、世界各地で省エネに取り組んでいる企業への優遇策がとられています。

 

日本ではま自家消費型太陽光発電所を設置することで継続的に受けられる優遇制度などはありませんが、今後作られるのでは?といわれているため、設置を行っておくことで恩恵を受けることができるようになる可能性があります。


総合問い合わせへ

3 自家消費型太陽光発電を進めるために

ここまでは自家消費型太陽光発電所の仕組みやメリットについて紹介してきました。
ここでは実際に自家消費型太陽光発電所の設置を行うための流れを取る必要があるのかをご紹介していきたいと思います。

 

3-1 メリットを確認

自家消費型太陽光発電所は産業用太陽光発電所と異なり設置する場所の状況に応じてメリットは大きく異なります。

 

設置をご検討される方は最大のメリットを最小のリスクで受けられることを考えられていると思いますので一番メリットになる提案を受けることが重要です。

 

メリットを明確にするためには使用電気容量やそれぞれの設備機器状況等様々な情報の提供が必要となりますがきちんとした情報がそろえば最大のメリットを得ることができる提案をしてもらうことができます。

 

弊社のような提案会社では複数の想定から提案を作成して提出をさせていただき、そのうえでリスクとメリットを踏まえて設置者様に合った内容を提案しています。

 

3-2 電力会社との契約内容の変更について

自家消費型太陽光発電所の建設で大きなメリットを得るためには、基本料金を下げるためにプランの見直しを行う必要があります。

 

そのためには電力会社との調整が必要になりますが最低でも下記のような内容を明確にする必要があります。

電力会社と調整をする必要項目

・どの程度の電気を自社で賄うのか?
・もし、発電できない場合どうするのか?
・どの系統に太陽光発電の電気を使用するのか?
・受電盤は今のままで大丈夫なのか?
・万が一の時の非常用の蓄電池やジェネレーターを使用するのか?

これらのことをすべて決めるのは難しいため、設置後1年目はどのような電気の利用になるのかがわからないため、万が一に備えて電力会社の基本契約はそのままにしておくことをおすすめしています。

 

基本電気使用量を下げることだけを考えて、電力会社との契約プラン変更を進めてしまうと電気が足りなくなってしまい工場の稼働ができなくなってしまうなどの恐ろしい状態が起こってしまうことも考えられるので注意しましょう。
※契約プランを変更しない場合基本料金は使用実績によって変わります


総合問い合わせへ

3-3 設置・システム選定における注意点

自家消費型太陽光発電所は屋根に設置することがほとんどのため、古い建物などの場合屋根の耐久年数が短く、せっかく設置をしたのに雨漏りなどが起こって屋根の修繕を行わなくてはいけないことがありました。

 

そのため、設置の際には必ず現在の屋根の状況を確認するようにしましょう。

 

メーカー選定の重要性

 

太陽光発電所にはパネル(モジュール)パワコン・ケーブル・止め金具などの機器が必要になります。

 

様々なメーカーが販売をしていて、メーカー選定をきちんと行わないと性能があまり変わらないのに金額に大きな差が出ることがあります。

 

特に日本国内の大手家電メーカーのモジュールを使う場合は要注意です。
太陽光発パネルを取り扱う日本大手メーカーは自家消費型太陽光発電所を含む大きな発電所に対してあまり力を入れていません。

 

ほとんどのメーカーが家庭用の太陽光発電システムの提案をメインに行っているため、大型の発電所に適した金額になっていません。

 

中には1kWあたり5-6万円程度の違いが出ることもあり、仮に100kWの発電所建設を行ったとしたら500-600万円程度の初期費用に差が出ます。

 

太陽光パネルはどのメーカーも性能の向上が顕著なため、大手のメーカーであってもそうでないメーカーであっても性能の違いはそこまでありませんので無理に大手メーカーにこだわる必要はないというのが弊社の考え方です。

 

パワコンは太陽光パネルが発電した電気を実際に使用する電気に変換するの機器なので日本メーカーのものが良く使用されています。

 

パワコンは電気事業法の関係からなのか選択肢は日本のメーカーであることが多いです。

 

3-4 申請などについて

産業用太陽光発電所をお持ちの方からよく言われるのが自家消費型太陽光発電所はどんな申請が必要なのか?ということです。

 

自家消費型太陽光発電所は電力会社との調整は必要ですが産業用太陽光発電所建設のために必要な国からの申請などは不要となり、計画ができ次第すぐに設置をして発電所として利用することが可能です。

 

国の申請などを受ける必要は原則必要ありませんので産業用太陽光発電所のようにいつ頃の設置になるかわからないなどの問題は起きにくいです。

 

3-5 補助金や税制優遇制度の申請タイミングはいつ?

使用することで大きなメリットが得られる補助金や税制優遇制度ですが申請のタイミングは受ける制度によってばらばらです。

 

2017年度の1/3を受け取ることができる補助金だと申請は施工前で補助金の支払いは完工後でした。
多くの方が融資を受けて設置をしますので補助金の入金や税制優遇が受けれるタイミングをきちんと把握しておかないと思っていた流れで資金繰りができず、思わぬところでキャッシュフローの停滞をしています場合があります。


総合問い合わせへ

4 自家消費と新電力の組み合わせがさらなるメリット加速させる

現在、高圧の電気も低圧の電気も購入できる会社は管轄の電力会社10社以外に新電力会社から購入することができます。(電力自由化)
新電力は電気代にも競争力を持たせて価格を下げるために新しく電気を売ることを許可された会社ですが通常の電力会社よりも後進の新電力会社がシェアを取るために電気代を下げる新電力会社がが多いです。

 

自家消費型太陽光発電所のメリットは電気料金を下げることですので適切な新電力会社から電気の購入に切り替えることで自家消費型太陽光発電所のメリットをさらに高くなります。

 

4-1 新電力会社を選ぶときの注意点

新電力として活動を行っている会社はきちんと国に登録している会社のため、どこを選んでも基本的に届く電気に違いはありません。

 

登録の際に安定供給ができることが大前提となりますので全く知らないところと契約をしたとしても電気は安全に届きます。
※新電力会社の電気が足りなくなった場合電気の卸市場から仕入れて新電力会社が購入するため

 

新電力会社ごとに異なるのは電気料金プランです。

 

基本契約を全くとらない会社があったり、そもそもの電気代が電力会社に比べて安いなど様々なパターンがあります。

 

新電力会社を選ぶときの注意点はそこまでなく比較的わかりやすいです。

 

新電力会社ごとに得意不得意がある

 

それぞれの新電力会社ごとに得意な業種があります。
新電力会社全体で考えると力率が高いお客様は金額を下げにくい、逆に力率が低いお客様は金額が下げやすいといった性質があると思います。

 

最近では比較サイトなどで検討が行いやすくなっていますので活用してもよいかと思います
※高圧受電の場合きちんと見積もりを取ったほうがいいことが多いです

 

契約年数を必ず確認

 

新電力の契約は携帯電話の購入の時のローン縛りのように数年間の契約を組まされることがあります。

 

条件が本当に良くて変更する必要がないような新電力会社であればよいのですが後々変更したいのに変えることができないということも良くあるのであらかじめ契約年数を確認しておきましょう。

 

新電力会社を選ぶ際にはこの2点に気を付けて選ぶことができればよいかと思います。


総合問い合わせへ

4-2 新電力と自家消費型太陽光発電所の組み合わせ

新電力と自家消費型太陽光発電所をどのように組み合わせるのかは弊社としてもまだこれから研究していかないといけないテーマとなっています。

 

進め方の際にも記載しましたが太陽光発電所は天気で発電状況が異なるため全く発電しない可能性もゼロではありません。
そのため、設置1年間は電気契約などを変えず運用するほうがリスクは少ないのですが現在の電気契約と同等のプランを提供している新電力に変更するのは電気使用上の条件としては特に変わらないためリスクとは言えないと思っています。

 

正解がない状態での記事作成ですが新電力会社と自家消費型太陽光発電所を設置することを伝えたうえで十分に協議を重ねてリスクをできる限り抑えた提案を作れるようにしていく必要があると考えています。

 

5 まとめ

自家消費型太陽光発電所で大きなメリットを得るために気を付けること

POINT

①自家消費型太陽光発電所は現在の状況によって提案が様々
②提案力の高さでメリットとリスクの大きさが決まる
③補助金税制優遇の活用がさらに大きなメリットになる
④新電力と自家消費型の組み合わせがさらにメリットを加速させる

自家消費型太陽光発電所の提案ができる会社はまだまだ少なくどの会社にもメーカーにも経験値がそれほどありません。
残念ながら弊社でも同様の状態でできる限り多くの協力者と設置希望者様の最適な提案をできるようにしておりますがまだまだ勉強が必要と感じているのが現状です。

 

自家消費型太陽光発電所はまだまだこれからの市場で多くの方にとってメリットがある内容のものです。

 

弊社でも積極的に取り扱っていきたいと思っていますのでご興味のある方はいつでもお気軽にお問合せください。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ