バイオマス発電事業を成功させるために必要なこととは

バイオマス発電事業

バイオマス発電事業はクリアすべき点が多い発電事業!?

国が導入を進めていた再生可能エネルギーは固定価格買取制度の高い売電価格のおかげもあり、多くの事業者様が参入し圧倒的にその発電量を増やすことができました。

しかし、その実態を見てみるとほとんどが発電所の設置が容易な太陽光発電なため、安定した電気の供給が可能とは言えない状態です。

太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーを活用した発電所は電力の安定供給が難しいため、安定供給を行うことが可能なバイオマス発電所ににわかに注目が集まっています。

現在のバイオマス発電の状況は燃料の調達を海外からの輸入に頼り切ってしまっているため、エネルギーの独立という点では本来の再生可能エネルギーの目的とは異なってしまっています。

国内で間伐材などの燃料の調達を考える、燃料の安定供給と調達コストが合わず、バイオマス発電事業の収支が全く合わなくなってしまいます。

バイオマス発電を考えられる方が考え続けないといけないのがこの燃料の調達です。

バイオマス発電の燃料は様々!

バイオマス発電の燃料とはどのようなものを指すのでしょうか?

現在、経済産業省のHPに載っている燃料は下記のとおりです。

参照元:なっとく!再生可能エネルギー

この中で自治体の協力を得ずに十分な量を確保することが可能なのは木質系だけと考えています。

もちろんすでに家畜や食品関係の事業を行われている方であれば燃料も十分あると思われるのでバイオマス発電事業に参入しやすいですが、そうでない方が燃料を調達するのは苦労するかと思います。

独自に十分な燃料を確保するためには木質系と記載させていただきましたが、その中でも特に間伐材が燃料として注目されています。

間伐材とは山や森が適切成長していくことができるように不必要な木を間引く際に出る木材のことで、今までは捨てることもできず切った後に森に放置するしか方法がありませんでした。

日本は山林国家なのでこの間伐材の潜在的な量は非常に多く、国も新たな燃料源として注目をし、高い売電単価を設定しています。

しかし、余っているはずの間伐材はバイオマス発電事業を行うことを考えている事業者様の下にはなかなか集まってこないのが現状です。

いくつか理由はあるのですが一番の問題は切った木材を搬出するのにコストがかかりすぎることです。

間伐材が発生してもそれをふもとまで下すには道を整備し、重機を持ち込み、ふもとまで下した後にトラックに積み込み搬送するという非常に手間がかかる作業が必要になります。

そのため、間伐材が燃料になるといっても結果として搬送コストがかかりすぎるため山に放置されてしまいます。

また、木材に含まれる含水率の問題もあります。

一般的なバイオマス発電で使う発電機は含水率を10%程度まで乾燥させる必要がり、そのため気を切り出してきても一度保管をして乾燥させて、一定の含水率になったタイミングで初めて燃料として使うことができるようになります。

ここにはさらにコストと感想させるための場所が必要になり、安定的な燃料調達を難しくさせています。

冒頭にも記載しましたようにバイオマス発電は太陽光発電などの自然エネルギーとは異なり、勝手には発電してくれず燃料の調達から事業者様が行わなければいけません。

そのため燃料の安定供給の問題が解決しなければ必ず事業として成り立たないときができます。

バイオマス発電を始めるための取り組みについて

KGS株式会社ではバイオマス発電が日本のエネルギー独立の大きな柱になると考え、潜在的に眠っている燃料を有効活用できるように組織的に間伐材の回収と乾燥を行うことで、燃料調達のコストダウンと安定供給を行うことができるように、各業界に精通したスペシャリストと日々様々な議論を行っています。

どうやったら事業者様に十分なメリットがでて、燃料の安定供給がかのうなのか。
どのような組織を体制や流通を作ることが重要なのかを日々模索をしております。

正直なところ、国内の燃料を使ったバイオマス発電は過大がたくさんあり、まだまだ現実的ではないところが多いのが現状です。

ただし、問題点の中には業界特有の凝り固まった考え方が少なからず存在しており、これらの問題が取り除けるだけでもかなり大きな進展があると個人的には思っております。

バイオマス発電は本来ごみであったものを使って発電を行う、これから何としても推し進めるべき発電事業ですのでいろいろな事業者様をサポートしていければと思います。

バイオマス発電に漁協身をもたれた方はいつでもお気軽にお問合せをいただければと思います。

なお、最後になりますがバイオマス発電事業の経済性について簡単に記載したいと思います。

ズバリですが燃料の安定供給が可能である程度の発電所を建築できるという仮定で考えるとバイオマス発電は5-7年程度で初期費用を回収することができます。

また、補助金が大きく取れることがありますのでこれらを活用すればかなり大きなメリットを生むことができる事業モデルになります。

事業性に関してはいずれかの機会により詳細を記載できればと思います。

関連記事

食品残さの回収とリサイクル活用方法について

食品残さをエネルギーとして活用する バイオマス発電事業を行う場合は直接燃焼タイプにせよ、バイオガス発電にせよ非...

再生可能エネルギーの期待の星となれるのか?バイオマス発電における期待と不安

弊社では再生可能エネルギーを増やすことは資源を持たない日本のエネルギー自給率を高めるために必要なことだと考えて...

バイオマス発電の燃料集めのために考えないといけないこと

バイオマス発電の燃料調達に向けて考えるべきこととは! 弊社ではバイオマス発電は安定した電力を作ることができる新...

再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ