OSMエナジーステイション下関第二

案件情報

物件情報 OMSエナジーステイション下関第二 物件番号 0000311
販売価格 29,400,000円
(税込み)土地込価格
表面利回り 10% 年間売電収入 2,941,661円
(税込み)

設置場所

山口県下関市

年間発電量 113,490kW
システム容量 116.82kW 売電単価 24円案件
土地条件 売買のみ 連係予定日 2017年7月以降

システム情報

パネルメーカー ネクストエナジー パワコンメーカー SMA
パネル型番 NER6600M295 パワコン型番 SB4500TL-JP
枚数(容量) 396枚(116.82kW) 台数(容量) 11台(49.5kW)
モジュール仕様書ダウンロード パワコン仕様書ダウンロード

設置機器詳細

モジュールメーカー ネクストエナジー パワコンメーカー SMA
機器保証 10年間 機器保証 10年間
出力保証 25年間で80%まで保証 入力電圧範囲 70V~450V

公称変換効率 18.04% 最大出力電流

22.3A

公称最大出力動作電圧 32.03V 入力回路数

2回路

公称最大出力動作電流 9.21A 入力端子数

各2入力

公称開放電圧 39.64V 起動最低入力電圧

110V

積雪荷重 5,400Pa 最大入力電流 2回路×15A

風圧過重 2,400Pa 冷却方式

自然空冷

外形寸法 991*40*1650mm 変換効率

96%(最大)96.7%

質量 19.0kg ストリグ

マルチストリング方式

設置架台の案内

材質 アルミ架台
架台角度 20度
架台基礎 スクリュー杭 1,600mm
地面からの高さ 500mm

架台について

本案件の架台は中国製のアルミ架台を使用しております。
通常出荷されるものに比べると強度が増すように架台の設計がされていますので25年間安心して使用することができます。

地中障害などの対応について

スクリュー杭の打ち込み時に地中の石などにぶつかってしまいせスクリュー杭が打ち込めない場合があります。
本現場ではそのような場合、スクリュー杭の先を切り取りコンクリートで固める根がらみという手法を取ります。
どりらも安心して発電事業に取り組める十分な強度を保つことができますのでご安心ください。

メンテナンス及び保険について

2017年34月から低圧の発電所でもメンテナンスが義務化されます。
※メンテナンスのは他社様で選んでいただいても大丈夫です

KGS株式会社のメンテナンス

メンテナンスプランA安心丸ごとお任せパック

月額料金 12,960円(税込み)
メンテナンス内容 災害保証
売電収入保証
法令点検内容
トラブル時駆けつけサービス
発電状況モニタリングサービス

※遠隔監視装置が入っていることが前提のサービスになります

その他関連資料

  • テスト
  • テスト
  • テスト

ちょこっと確認してほしい失敗しない発電所の選び方

土地付き太陽光発電所の購入は土地をお持ちでない方でも始められる太陽光発電事業として多くの方が購入されています。

弊社でも販売をさせていただくの多くの事業者様と話をさせていただくのですが利回りばかりを追いすぎてちょっと危ないのでは?と思ってしまう時が少なくありません。

太陽光発電事業は投資ですので高い利回りを負うのは重要ですがどれだけ利回りが良くても購入しないほうが良い案件もあります。

これから土地付き太陽光発電所の購入を考えられている方ここは確認しておきましょうというポイントを記載していきます。

ポイント①

メーカーの保証状況の確認

太陽光発電事業は20年間安定して収益が上がり続けるモデルです。
そのため20年間きちんと発電することが必要になります。

そのため太陽光発電の機器メーカーは手厚い保証を付けて対応しています。
ただし、中には保証が弱いメーカーも存在しますので発電所を選ばれる際には保証がどうなっているのかをきちんと確認しましょう。

ポイント②

20年間のメンテナンスはどうなっているのか?

太陽光発電所は大きさの大小かかわらずメンテナンスが義務付けられています。(2017年4月から低圧発電所もメンテナンス必須です)

メンテナンス会社は自由に選ぶことができますが販売会社か設置業者が対応することが多いと思います。

メンテナンスがどうなっているのかを確認しましょう。

ポイント③

部材は架台に注目

モジュール・パワコン・ケーブルはメーカー品であれば品質の差はほとんどありませんので安心して使用することができます。

架台は施工店・販売店もメーカーの純正品を使うのではなく架台専門メーカーから仕入れることほとんどです。

架台は仕入れるメーカーによって強度が大きく異なり、強度の低い架台を使ってしまったために、壊れてしまったなどという事故をよく聞きます。

保険が適用されることがほとんどですが保険の内容によっては対象外の事故もあります。

ポイント④

保険を確認する

保険は太陽光発電で起こりうるリスクを大幅に軽減してくれます。
太陽光発電事業の保険は様々で自然災害などの必要最低限のものから手厚い保険まで幅広く存在します。

どのような保険があるのかを確認してから購入することをおすすめします。
※一般の保険なので通常の保険屋でも入れます

お問合せ





再エネ導入、EPCのご相談はKGS株式会社へ
太陽光EPC、部材販売土、土地買取、再エネのご相談はKGSへ